アルファグルコシダーゼ阻害薬(α-GI)には「消化器症状の頻度が高い」、スルホニル尿素薬(SU薬)には「遅延性の低血糖がある」など、薬のタイプごとのマイナス面が浮き彫りになった。日経メディカルオンラインが医師会員を対象に行った「2型糖尿病の薬物治療に関する調査2008」で明らかになった。

α-GIのマイナス面は「消化器症状の頻度が高い」が最多の画像

ログインして全文を読む