福島県立医科大学産婦人科教授の佐藤章氏は、県立大野病院事件の発生以降、医局員だった被告・加藤克彦医師の無罪を信じ、支援を続けている1人だ。「8月20日に無罪判決が下された際には、正直ほっとした」と語りつつも、検察が控訴を断念するまで不安は消えないという。

事故直後、彼は「ミスではない」とはっきり答えましたの画像

ログインして全文を読む