日本産科婦人科学会は、福島県立大野病院事件の判決当日、いち早く声明を発表した。今回の事件がそれだけ、産科医療の現場に大きな影響を与えるものだったことを物語っている。日本産科婦人科学会常務理事であり、昭和大学産婦人科教授の岡井崇氏に、大野病院事件が医療界に与えた影響や、今回の無罪判決に対する見解などを語ってもらった。

「まず刑罰ありきでは医療は退化する」の画像

ログインして全文を読む