8月20日の福島県立大野病院事件の無罪判決を受けて、多くの医療団体が相次いで見解を表明した。大半の団体が「妥当な判決」と評価するとともに、今回の判決が今後の医療崩壊の歯止めや、新たな死因究明制度として設置が検討されている「医療安全調査委員会」の議論などに寄与することを期待すると意見を示した。現在、「判決内容を精査して控訴するかどうか適切に対処したい」としている福島地検に対して、控訴しないように働きかける団体も目立った。

「妥当な判決」― 各医療団体が声明を発表 の画像

ログインして全文を読む