福島地裁は8月20日、福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性を失血死させたとして、業務上過失致死罪や医師法21条違反に問われていた産科医・加藤克彦被告に対し、無罪判決を言い渡した。

加藤被告に無罪判決 異状死の定義にも踏み込むの画像

ログインして全文を読む