医療機関における自殺事故(未遂、既遂含む)の対策として、患者対策とともに忘れてはならないのは、医療者に対するメンタルケアだ。医師は看護師以上に、自分の担当していた患者が自殺事故を起こした場合、「自分の見立てや治療方針が間違っていたのではないか」と自分を追い込んでしまうことがあるという。「職員に対して、できる限り事故の直後から、精神科医や精神看護の専門看護師が面談を行うなどして対応することが望ましい」と東京都保健医療公社荏原病院看護科長の釜英介氏は語る。

事故後の医療者へのメンタルケアの画像

ログインして全文を読む