「入院患者が自殺しても、事後の検討やその後の対策が十分に講じられない場合が残念ながら少なくない。しかし、患者の自殺を“重大な事故”と考えれば、リスクマネジメントの観点から、対策が必要なのは明らか」と、横浜市立大医学部精神医学准教授の河西千秋氏は強調する。

過去3年間に自殺事例あり、一般病院でも3割の画像

ログインして全文を読む