アルツハイマー病を発症してからの余命は約10年。80歳以上の4人に1人は認知症といわれる中、在宅で見ていく上でもっとも悩まされるのが、妄想や徘徊、攻撃的言動といった周辺症状(BPSD:behavioral and psychological signs and symptoms of dementia)への対応だ。

認知症には笑顔と共感の画像

ログインして全文を読む