一般に癌の患者は在宅医療を提供し始めてから経過が早い。病院で打つ手がなくなってから在宅に移行する例がほとんどだからだ。疼痛コントロールなど患者の状態管理に加え、看取りに対する家族の安心と納得を得られるよう、信頼関係をつくることが在宅担当医の重要な責務だ。

看取り“教育”は医師の責務の画像

ログインして全文を読む