在宅療養を行う高齢者には、常に肺炎のリスクが付きまとう。一般の市中肺炎と大きく違うのは、在宅高齢者の場合、全身状態の悪化から肺炎を発症してしまうことが多く、抗菌薬治療を行っても繰り返しやすい点だ。さらに、自宅では、病院と同様の検査や治療は行えないという制約が伴う。

肺炎を繰り返させないためにはの画像

ログインして全文を読む