眼底3次元画像解析装置の一つである「光干渉断層計」。これで得られる網膜断層像を活用することで、網膜疾患の診療は大きく変化している。中でも、人口の高齢化に伴って罹患者が増加している加齢黄斑変性症は、病型分類や治療効果の判定に光干渉断層計が応用されており、患者の病態に合わせたオーダーメード治療の研究も進んでいる。

加齢黄斑変性症、日本人は「特殊型」が多い?の画像

ログインして全文を読む