ここ数年におけるアトピー治療の変化と言えば、タクロリムス軟膏が炎症に対する外用療法として、広く使われるようになってきたことだろう。ステロイドと作用機序が異なるので、ステロイド外用薬による治療を一度ストップしたい場合や使用量を減らしたい場合などの使用に向く。ただ、問題は塗布部位の刺激症状。特に小児では「ヒリヒリする」と訴えて使用を断念せざるを得ない場合が多い。現場では、副作用を軽減させつつ効果を最大限にできるように、様々な工夫が行われている。

タクロリムス軟膏、ヒリヒリしない使い方の画像

ログインして全文を読む