他科と比べて医師不足がより深刻な産婦人科。その解決策として、群馬大産科婦人科教授などを歴任してきた同大名誉教授の五十嵐正雄氏は、病院のオープンシステム化を提案している。開業医が病院で分娩などを行うケースが一般的になれば、勤務医の負担は大きく減ると同氏は強調する。

「“オープンシステム化”で産科医不足の解消目指せ」の画像

ログインして全文を読む