医師不足対策を考える上で忘れてはならないのが、現場の病院経営者の役割だ。日本病院会副会長で聖隷浜松病院(浜松市中区)院長の堺常雄氏は、「規模や立地を問わず、各病院で工夫できる部分はいろいろあるはず」と強調する。

「病院経営者は若手医師のニーズに応えてあげる必要がある」の画像

ログインして全文を読む