「100年に1度の画期的な検査法─」(信州大学皮膚科教授の斎田俊明氏)。ダーモスコピーは、今、皮膚科分野で最も注目されている検査法の一つだ。従来は病理組織検査をしなければ分からなかったようなメラノーマの早期診断を可能にするなど、表皮より内部の色素分布を観察することで、肉眼では判別しにくい病変でも特徴的なパターンが浮かび上がってくる。

ダーモスコープで表皮を透視の画像

ログインして全文を読む