高血圧ガイドラインの改訂のポイントを聞くインタビュー特集の5人目は、東京都老人医療センター内科部長の原田和昌氏だ。原田氏は、同センター副院長の桑島厳氏をリーダーとする研究グループの一員。高齢者でも、厳格な降圧治療が必要であり、「中間目標」の設定が、後期高齢者の積極的な降圧治療の障害になるのではないかと懸念している。

ログインして全文を読む