「高血圧治療ガイドライン2004」(JSH2004)の発表から4年。日本高血圧学会は現在、ガイドラインの改訂に向けて作業を進めている。その新ガイドラインに向けた改訂のポイントをインタビューで追う特集企画。第1回目は、ガイドライン作成委員会の委員長を務める大阪府立急性期・総合医療センター院長の荻原俊男氏に、改訂に向けた議論の方向性と、改訂作業のスケジュールを聞いた。

焦点は「正常高値」、当落線上の降圧薬の行方は…の画像

ログインして全文を読む