高齢者専用賃貸住宅や有料老人ホームなど、居住系施設の居住者に対する医療サービスについては、医師では「在宅患者訪問診療料2」、看護師、保健師、助産師については「居住系施設入居者等訪問看護・指導料」が新設されました。

施設向け訪問医療は「計画的」「定期的」が条件の画像

ログインして全文を読む