第1回は、後発医薬品とめぐって、患者さんとのトラブルになりやすいポイントを解説しています。後発医薬品を使用したくない場合には、「後発医薬品への変更不可」と、処方せんにはっきりと意思表示をしなければならないことになりました。また、特定銘柄の後発医薬品を処方する場合も、処方せんにその後発医薬品の商品名を書き、「変更不可」と明記する必要があります。

後発医薬品にまつわるトラブルを防ぐためにの画像

ログインして全文を読む