社会保険中央総合病院(東京都新宿区)の院長を務める、内保連代表の齊藤寿一氏は、勤務医対策や地域の中核病院の入院医療を手厚く評価した今改定を評価している。一方で、それをどう生かしていくか、各病院長の手腕が問われることになると強調する。

「どう勤務医の負担を減らすか、病院長の力量が問われている」の画像

ログインして全文を読む