4月1日から適用された新しい診療報酬。外来管理加算の要件に診察時間の目安が導入されるなど、日常診療への影響は大きい。日本医師会副会長の竹嶋康弘氏に、今改定の内実とその評価について語ってもらった。

ログインして全文を読む