ドイツは、世界的に見ると、女性の社会進出がそれほど進んだ国ではない。日本と同じように「育児は女性の役割」という伝統的価値観が根強く残り、女性が男性同様のキャリアを積もうとすると多くの障壁が立ちはだかる。一方でドイツの医師は約半数を女性が占め、働きながら子育てをする女性医師の割合は、他職種よりも高いことが知られている。ドイツの女性医師は、どうやって仕事と子育てを両立しているのか。ドイツ在住の医療ジャーナリスト、吉田恵子氏がリポートする。

ドイツの女性医師のキャリアパスは?育児は?の画像

ログインして全文を読む