今年改訂されたガイドラインでは初めて、「薬物による治療の効果は、骨代謝マーカーの変化により評価可能」とされ、図3のフローチャートによる薬効評価が推奨された。

薬効判定は骨代謝マーカーで。○か×かの画像

ログインして全文を読む