『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版』(ライフサイエンス出版、2015)が今年7月に発行された。これは、日本骨粗鬆症学会、日本骨代謝学会、骨粗鬆症財団が合同で組織した「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会」によるもので、3年ぶりの改訂となる。

骨粗鬆症の治療目標は骨密度アップ。○か×かの画像

ログインして全文を読む