リン酸オセルタミビル(商品名:タミフル)に耐性を持つH1N1型インフルエンザウイルスの流行拡大を受けて、厚生労働省医政局経済課は1月22日と28日、リレンザの販売元であるグラクソ・スミスクライン(GSK)に対し、買い占めを防ぐための出荷調整と、今シーズンの供給量を当初予定していた300万人分よりも増やすことを要請した。

ログインして全文を読む