日本麻酔科学会が、周術期医療をより安全に効率良く提供するため、術前から術後までの知識やスキルを持った医療者からなる多職種連携チームの養成に力を入れている。その背景には、手術件数増加に伴う麻酔科医の不足や医療安全の向上がある。将来的に周術期管理チームの設置に関する診療報酬点数の新設を目指している。

手術件数増加に伴う麻酔科医不足の切り札とはの画像

ログインして全文を読む