大動脈だけでなく全身の臓器・組織に病変が生じる高安動脈炎。昨年8月に生物学的製剤のトシリズマブ(商品名アクテムラ)が保険適用され、ステロイドと併用することでより高い治療効果を期待できるようになった。非特異的な症状が多いことから見逃されている患者も多く、早期治療につなげるため、各科での的確な拾い上げが求められている。 

その若い女性の慢性頸部痛、高安動脈炎では?の画像

ログインして全文を読む