2018年3月某日。盲腸癌の40歳代女性が、8Kスーパーハイビジョン技術を用いた腹腔鏡システムによる回盲部切除術を受けた。8K腹腔鏡システムを使った、世界初となる人を対象にした臨床試験の幕開けである。
 使用する8K腹腔鏡システムは、国立がん研究センターがNHKエンジニアリングシステム、オリンパス、NTTデータ経営研究所と共同開発したもの。現在主に使われている2Kフルハイビジョン(横1920×縦1080ピクセル)の腹腔鏡に比べて、16倍の高精細映像を撮影することができる。開発に当たり、日本医療研究開発機構(AMED)の「8K等高精細映像データ利活用研究事業」の支援を受けた。

毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力の画像

ログインして全文を読む