2018年度診療報酬改定で、スマートフォンのビデオ通話機能などを用いた診療(オンライン診療)に対する報酬が新設された。オンライン診療が保険医療の一つに位置付けられたことを歓迎する声がある一方で、算定要件の予想外の厳しさへの戸惑いも見られる。

「オンライン診療料」新設も算定には厳しい条件の画像

ログインして全文を読む