C型肝炎ウイルス(HCV)由来の肝硬変を対象に、線維化を改善する治療薬の開発が進んでいる。フェーズI試験では、3カ月の薬剤投与終了後、C型非代償性肝硬変だった7例中4例が代償性に改善した。次相ではHCV由来以外の肝硬変や持続的ウイルス陰性化(SVR)後の肝硬変患者を加えて有効性と安全性を確認し、2023年ごろまでに実用化を目指すという。

  C型肝炎は近年、レジパスビル・ソホスブビル(商品名ハーボニー)などの抗HCV薬の進歩により、持続的ウイルス陰性化(SVR)率が著しく向上した。ただし、既に肝臓に蓄積してしまった線維自体を分解する方法は確立されておらず、非代償性肝硬変を治療する薬剤は未だ実用化されていない。

期待高まる肝硬変治療薬、開発が次のステージへの画像

ログインして全文を読む