胃癌に限らず、胃疾患の診断は背景粘膜の状態を把握し、病変の位置や性状を知ることが基本とされ、肉眼での精査では医師の経験や技量がモノを言う。専門医に匹敵する精度で病変の位置や性状を判断できる人工知能(AI)が開発され、その実力が相次いで論文で公開された。

胃内視鏡検査の精度向上にAI導入で挑むの画像

ログインして全文を読む