高血圧や糖尿病、肥満など患者数が多く長期的な関わりが必要となる生活習慣病は、情報通信技術(ICT)による疾病管理や療養指導が威力を発揮する領域といえる。禁煙指導に関しても、スマートフォンアプリの治験が始まった。ICTによる生活習慣病管理のエビデンスを取材した。

ICTで生活習慣病を治療するの画像

ログインして全文を読む