様々な強度の集まりであるX線を分けて検出できる装置が開発され、CTが大きな進歩を遂げた。造影剤の大幅な削減に貢献するほか、CTで見分けることが難しかった病変も撮影後のコンピューター処理だけで簡単に見やすくできる。

造影剤を激減できる画期的な新型CTが登場の画像

ログインして全文を読む