臨床研修病院を選ぶ際に医学生がまず考えるのは、大学病院か、市中病院かという大きな二択だ。2017年度の医師臨床研修マッチングの結果を見ると、市中病院にマッチした医学生は58.6%と半数を超える。大学病院と市中病院の内定者数の差は2009年から年々拡大しており、各地の大学病院は研修希望者の獲得に苦戦している。そんな中、「筑波大学の初期研修が人気な理由の一つは、市中病院にマッチするより良い市中病院研修ができること」と言う筑波大学総合臨床教育センター部長の前野哲博氏に、大学病院における初期研修の「強み」を聞いた。

「市中病院に勝る市中病院研修」を大学病院での画像

ログインして全文を読む