8月、群馬県で惣菜店の利用者11人が腸管出血性大腸菌O157による食中毒を発症。同じ遺伝子型の菌が関東地方を中心に多地域の患者から検出されている。問診による発症初期での診断が、感染拡大をくい止める一助になる。

同じ遺伝子型のO157感染が広域発生のなぜの画像

ログインして全文を読む