ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)の除菌療法では、下痢や軟便といった消化器症状のほか、アナフィラキシーや発疹などのアレルギー症状が出現することがある。特に除菌期間中の終盤に発症した薬疹は重症化しやすいことも分かってきた。

ピロリ除菌中の薬疹、早期対応で重症化を防げの画像

ログインして全文を読む