欧州各国が輸血用製剤におけるE型肝炎ウイルス(HEV)の全数調査に動き出している。日本でも日本赤十字社が、全国でHEVの全数検査(NAT:核酸増幅検査)を開始する意向だ。HEVの年間新規感染者は約15万人と見積もられ、その多くが経口感染と考えられるが、免疫能が低下するような基礎疾患を有する場合、輸血によってE型肝炎を発症し、重篤化するリスクもある。

蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るなの画像

ログインして全文を読む