今年7月、厚生労働省に事務次官級ポストとして新設された「医務技監」。医師免許を持つ医系技官が、専門的観点から医療・保健に関する重要施策を「統理」するポストとされる。初代医務技監となった鈴木康裕氏に、就任に当たっての抱負や、医師の働き方改革をはじめとする重点施策への取り組み方針を聞いた。

「省内各局に横串を通し重要施策を検討していく」の画像

ログインして全文を読む