日経メディカル Onlineで連載「実践・心不全緩和ケア」を始めるきっかけとなったのが、2016年7月16日の九州心不全緩和ケア深論プロジェクトの発足だった。連載開始1周年を機に、プロジェクトの共同代表を務める飯塚病院緩和ケア科の柏木秀行氏に改めて、緩和医療専門医から見た心不全緩和ケアの課題を聞いた。

緩和医療専門医から見た心不全緩和ケアの課題の画像

ログインして全文を読む