今年3月、医学部の医学教育の基礎となる医学教育モデル・コア・カリキュラムが改訂された。医学部の国際的認証評価に向けた対応も迫られており、各医学部は国内外の動向に合わせ、自ら学ぶ力を付けさせることなどに力点を置く形でカリキュラムの改訂を進めている。全国医学部長病院長会議の医学生の学力に関する検討WG座長の福島統氏に、取り組みの現状や今後の方向性を聞いた。

知識詰め込み型の教育はもう通用しないの画像

ログインして全文を読む