1000万人規模の女性ユーザーを獲得したスマートフォンアプリを、不妊治療を始めとする婦人科診療に活用する。デジタル時代の新たな診療スタイルを指し示す、そんな取り組みが新たに始まった。月経日や基礎体温など、日常のバイタルデータを診療支援や受診勧奨につなげる試みとしても注目を集めている。

1000万人の生理日予測アプリ、婦人科診療にの画像

ログインして全文を読む