制度開始から1年半が経つも、研修受講者や指定研修機関の数が伸びない「特定行為に係る看護師の研修制度」。そんな中、京都府唯一の指定研修機関である洛和会音羽病院は、自前で特定行為を行える看護師を育成し、院内の医療事情や患者のニーズに合わせて活用するためのトレーニングに勤しんでいる。

術後血糖管理を自前の「特定看護師」が担当の画像

ログインして全文を読む