最近、腎臓内科医の間で腸内細菌の変化や、腸内細菌が産生する尿毒素の悪影響が腎機能低下を引き起こすことへの注目が高まっている。さらに食事由来成分などの物質輸送能の変化も腎機能に影響を与えることを示唆する知見も得られ始めた。便秘を改善することが末期腎不全への進展を防ぐ治療になるかもしれない。最新のエビデンスと研究を追った。

腎不全予防のターゲットは便秘の画像

ログインして全文を読む