使用済みの単回使用医療機器(SUD)製品を洗浄、部品交換、滅菌などの処理を行い、再び使用できるようにした上で製品として販売する「再製造」という制度が、この7月に新設される。「デバイス・ジェネリック」とも呼ばれる再製造品が今後、どのように国内で流通し使用されていくことになるのか、再製造に詳しい、国際医療福祉大学医療福祉経営管理分野教授で、医療材料マネジメント研究会代表幹事を務める武藤正樹氏に聞いた。(文中敬称略)

使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」への画像

ログインして全文を読む