「50歳代以上の医師の転職、診療所開業が活発化している」――。病院関係者や医師の転職・開業に関わる事業者らから、そんな話を聞くことが多くなった。しかも、遠隔地への転職や転科、診療所開業など、全く異なる環境への転身を図る「キャリアチェンジ」も少なくないという。ベテラン医師たちは今なぜ転身を図ろうとしているのか、成功のポイントは何か。転職・開業支援を手掛けるニューハンプシャーMCの柴田雄一氏と中村正志氏に聞いた。

ベテラン医師はなぜ新天地を目指すのかの画像

ログインして全文を読む