成人健診受診者の約3割が有する非アルコール性の脂肪肝。脂肪肝は放置すれば肝硬変や肝癌に進展する危険性があり、侮れない疾患だ。脂肪肝から肝硬変を生じた場合は治療法が確立されておらず、致死率も高い。大阪府済生会吹田病院名誉院長の岡上武氏に、危険な脂肪肝の拾い上げ方、治療薬の開発状況について聞いた。

「たかが脂肪肝」じゃないんですの画像

ログインして全文を読む