高齢化や国の施策の影響で在宅を含む小規模医療機関における輸血ニーズが増えている。ただし小規模医療機関では、臨床検査技師や輸血業務を担当する薬剤師の配置は困難。交差適合試験を医師自らが実施する施設さえ存在する。そのような施設や在宅で安全に輸血を実施するための輸血ガイドが6月に公開予定だ。

「在宅における赤血球輸血ガイド」誕生の画像

ログインして全文を読む