カテーテル操作により右心室内に留置し、本体先端の電極から直接ペーシングする「リードレスペースメーカー」が我が国でも承認された。従来のペースメーカーでは避けられなかった、本体を植え込んだ皮下ポケットやリードに関連した様々なトラブルから解放される。研究開発は急ピッチで進んでおり、近い将来「リードレス」が主流になると見られる。

リード不要、心室に留置するペースメーカー登場の画像

ログインして全文を読む