医学的には心肺蘇生(CPR)の適応がないと考えられる心停止患者に対し、家族がCPRを強く希望するケースはままある。日経メディカルのアンケートでも、4割の医師が「CPRの適応がないと思う患者」にCPRを実施した経験があると回答している。「CPRの適応がない患者」をどう判断し、そうした患者に対するCPRをどのように回避しているのか、現場の医師に聞いた。

「できることは全部やってくれ」と家族に言われたらの画像

ログインして全文を読む