厚生労働省が作成を進める「抗微生物薬適正使用の手引き」が推奨する抗菌薬の適正使用は、実臨床でどの程度、実践されているのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象とした調査で、まず、急性気管支炎への抗菌薬処方の実態について聞いた(有効回答医師3642人、調査期間3月30日〜4月9日)。

急性気管支炎、3割の医師が「抗菌薬処方」の画像

ログインして全文を読む